消費者金融に光はあるのか。海外進出の新サービス。

日本国内では、以前たくさんあった消費者金融のテレビCMはすっかり鳴りを潜め、最近ではスマホゲームなどのCMばかりです。

総量規制の導入と、過払い返還金問題で大手各社の業績は急落し、倒産した消費者金融も多数存在していました。

では、消費者金融はすっかり落ち込んでこのまま消えて行くか?と思いきや、実は大手をはじめとする消費者金融会社たちは、海外に進出する計画でビジネスチャンスを模索しているのです。

各社によって進出先は違いますが、主に発展可能性のある東南アジアや中国を進出先にしています。
発展途上国では、日本ほど自動契約機による融資システムは整っていませんし、金融機関の融資を受ける事ができず困っている人もたくさんいるのです。

東南アジアや中国で業績を上げる事に成功したら、消費者金融はさらなる発展をするかもしれません
。また、去年日本においても上限金利に対する見直しが検討された事は記憶に新しいです。

これらの環境次第では再び消費者金融のCMを目にする機会も増えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です